出資馬の近況 2019.10.6

  • 2019.10.06 Sunday
  • 09:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

おはようございます!

 

今日はこれからベッロコルサが京都で未勝利脱出を目指して出走しますが、それよりもなによりも今日の夜に凱旋門賞に出走するブラストワンピースのことが気になって気になって… 期待と不安が入り混じっている何とも不思議な感覚です。

 

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.9】:ノーザンファーム空港で調整中、第3回福島開催に出走予定

 

【4歳馬】

ハウナニ【2.0.1.4】:ノーザンファーム空港で療養中

ブラストワンピース【6.0.0.4】:本日のフランス・ロンシャン競馬場 凱旋門賞(G機砲棒酖諜骸蠅能仭予定

キューグレーダー【2.2.0.1】:9/27に競走馬登録抹消

 

【2歳馬】

コバルトウィング【0.0.1.0】:ノーザンファーム天栄で調整中

ベッロコルサ【0.0.1.1】:本日の京都1R 2歳未勝利戦 ダート1,200mに北村(友)騎手で出走予定

ブリリアントコール:ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは週3回屋内坂路コースでハロン13〜16秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「引き続き坂路主体の調教メニューで進められています。先日、小西調教師と打ち合わせ、第3回福島開催を目標に進めていく方針となりました。今月中には移動すると思いますので、それまでに更に状態を上げていきたいですね。馬体重は491圓任后」とコメントされています。第3回福島開催でということは引き続き芝1,200m戦に出て来そうですね。開催中の6日間、全ての日に芝1,200m戦の番組があるので、どのレースに出走してくるのか楽しみです。

 

ハウナニはトレッドミルでキャンターを行なっています。担当者さんは「この中間からは、トレッドミルでキャンターを開始しています。一段階負荷を掛けた調教メニューに変更したことにより、精神面は気にならなくなりました。早ければ、今月中に乗り運動を開始出来ると思います。馬体重は510圓任后」とコメントされています。ようやく一歩前進。このまま順調に進んでいけるように願っています。

 

ブラストワンピースは本日の23時5分発走の凱旋門賞(G機砲棒酖諜骸蠅能仭予定です。大竹先生は「こちらに到着した当初は周りにつられてチャカチャカするようなところもあったのですが、現地時間1日に久々にブラストワンピースと会ってみると、そういったところは見せなくなっていました。でも、コースへ入るとしっかりとハミを取って走れていますから、上手くオンオフの切り替えをしながら調整できているのだなと実感しました。調教での走りを見ても、こちらで騎乗運動を始めたばかりの頃は、いつもよりも頭の位置が余計に高くなっていたことで、前脚の出が窮屈に感じていたんです。それも、こちらでの調整を重ねるに連れて、段々と頭が良い位置で収まるようになってきたことで、ストライドの大きい走りが出来るようになってきています。現地時間の2日には、フィエールマンと併せて最終追い切りを行いました。道中はブラストワンピースが先行して行き、最後は馬体を並べる形で終えています。おおよそ5ハロンから69-39くらいで時計的にも、また、前半折り合いをつけて運び、終いの反応を確かめるという内容的にも、当初の想定通りのものを消化することが出来ました。実際の走りを見ていても、変な硬さは見られませんでしたし、ここまでハードに調教を積んでいますが、この馬の状態を把握するための一つのバロメーターとなる背腰についても、考えていたよりもダメージは感じられません。馬体重は前走から約10堊加しているくらいで、ここまで良い感じに調整できていますから、あとはフランスへの輸送などを逆算しながら、良い状態で向かえるよう万全を期していきたいと思います。」とおっしゃっています。

 

また、鞍上の川田騎手は「1日と2日の調教に乗せていただきました。1日は時計的にそれほど速くはなかったですが、変に硬さはなかったですし、翌日の追い切りに向けて無事に調整できていることを実感することが出来ました。2日の調教は、前日同様にバリーヒルでハッキングを行った後、ウォーレンヒルを1本登坂し、ロングヒルで時計を出しました。ロングヒルではフィエールマンと併せて、こちらが先行して行き、最後は2頭で併入する形で終えています。フィエールマンとスタートのタイミングを合わせなければならず、その際に待たされてしまった分、少し馬が気負うようなところが見られました。それでも走り出してからは折り合いを欠くことはなく、スムーズに走れていましたね。時計的にもほぼ予定通りのものを消化することが出来ましたし、動きや息遣いにも特に問題は見られませんでした。乗っていて変に硬さも感じられませんでしたから、昨日に続いて良い感じで来られているなと実感しましたね。あとは、競馬に向けてこのままの状態をキープしてもらえればと思いますし、エネイブルを筆頭に欧州の強豪が相手ですが、良い結果を残せるように全力で頑張っていきたいと思います。とおっしゃっています。お二人のコメントからは状態の悪さというのは感じられませんし、心配なのは斤量増と距離延長といったところでしょうか。前走の札幌記念は斤量減と距離短縮で好結果を出すことが出来ただけに、その真逆となる今回は果たしてどうなのか。頭数は12頭立てと手頃になりましたし、厳しい戦いになるのは重々承知の上ですが、勝利を夢見て全力で応援します!

 

キューグレーダーは9/27に競走馬登録を抹消しました。たった5戦、順調であれば長く楽しめそうな馬だっただけに残念です。 第二の馬生を幸せに、そしてみんなに愛される馬となって可愛がられるよう願っています。

 

コバルトウイングは週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も先週と同様の調教メニューを続けています。引き続きケアを行っているので、骨瘤の状態も悪化しておらず、順調に調整することができています。ただ、無理は禁物ですので、あまり焦らずに進めていきたいと思います。馬体重は520圓任后」とコメントされています。先週から馬体重が+16kgと大きく増えました。馬体重が増え過ぎて脚元に不安が… と心配ではありますが、週3回で登坂が出来ていますし、馬体重も増えているので体調は良さそうなのが何よりです。

 

ベッロコルサは本日の京都1R 2歳未勝利戦ダート1,200mに北村(友)騎手で出走します。今回はブリンカーを着用し3枠3番と内枠からの発走です。競馬ブックWebの助手さんのコメントは「競馬に行くと集中しないのでブリンカーを着用。もう少しやれる馬。効果があれば。」となっています。ここで好走できないようではこの先の光が見えてこないメンバー構成だと思うので、ここで勝ちを決めて欲しいと思っています。

 

ブリリアントコールは週2回屋内坂路コースでハロン13〜15秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター1,500〜2,500m、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「馬体を維持出来ていたことから、この中間からはハロン13秒ペースまで進めています。手応え十分に上がってくることが出来ていますし、走りに関して特に気になるところはありません。あとは体の使い方さえ上手くなれば、もっと良い走りが出来そうですね。馬体重は変わらず455kgです。」とコメントされています。今月中には脱北できるかな… 脱北できてもそこからゲート試験等々で今年デビューを迎えることが出来るのか否か… 次週以降の更新が楽しみです。

 

 

【調教チェック】 ベッロコルサ 19.10.6 京都1R 2歳未勝利戦出走

  • 2019.10.05 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

明日の京都1R ダート1,200mに出走予定のベッロコルサ。前走ダート1,000mから200mの距離延長で未勝利脱出を狙います。それでは今週の調教をチェックしてまいりましょう。

 

10/1に栗東坂路良馬場で4F63.4-3F47.4-2F30.4-1F14.3を馬ナリで記録。そして翌10/2には同じく栗東坂路稍重馬場で4F55.0-3F39.2-2F25.3-1F12.8を一杯に追って記録しています。最終追いのラップは15.8-13.9-12.5-12.8で最後に少しラップが落ちてしまったのが残念… それでも前回の最終追いよりは今回の方が馬場が悪いのに時計も良くなっているので、前走からの前身は期待できそうです。 競馬ブックWebの短評も → 評価で「熱心に乗り込む」となっています。

 

角田先生は「2日に坂路で追い切りました。他の馬が追い切った後の馬場でしたので、時計としては平凡ですが、最後までしっかり伸びていましたよ。先週、CWコースで併せて追い切った時も最後まで抜かれることはなかったですし、ブリンカーの効果も窺えますので、後はレースで気難しいところが出なければ良いのですが・・・。調教では全くその様なところは見せないだけに、こればかりはレースに行ってみないことには何とも言えませんが、初戦は訳が分からずテンションが高くなってしまったのかもしれませんし、一度レースを経験したことが良い方に出てくれると良いですね。」とおっしゃっています。今回が初ブリンカー、良い方に出ることを祈るばかりです。

 

他の出走馬で調教が良いなと思ったのは栗東坂路で同じような時計を出しているホウオウグラスですね。

 

全12頭の中で前走掲示板に載った馬は1頭もおらず、過去馬券圏内に来たことがある馬はベッロコルサともう1頭いるのみという非常に恵まれたメンバー構成なだけに、ここは何としても勝って欲しいところです。頑張れ!ベッロコルサ

 

 

出資馬の近況 2019.9.29

  • 2019.09.29 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

ブラストワンピースの凱旋門賞出走まであと1週間、仕事の方は第3四半期の決算に突入するので忙しい日々を過ごすことになりそうですが、凱旋門賞の楽しみの方が強くて何とか乗り切れそうな気がしています。

 

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.9】:ノーザンファーム空港で調整中

 

【4歳馬】

ハウナニ【2.0.1.4】:ノーザンファーム空港で療養中

ブラストワンピース【6.0.0.4】:英国・ニューマーケット アビントンプレイスで調整中、10/6のロンシャン競馬場 凱旋門賞(G機砲棒酖諜骸蠅能仭予定

キューグレーダー【2.2.0.1】:ノーザンファーム早来で療養中、近日中に競走馬登録抹消の予定

 

【2歳馬】

コバルトウィング【0.0.1.0】:ノーザンファーム天栄で調整中

ベッロコルサ【0.0.1.1】:9/22に栗東坂路で時計、9/25に栗東CWで時計、10/6の京都1R 2歳未勝利戦 ダート1,200mに北村(友)騎手で出走予定

ブリリアントコール:ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間からは更にペースを上げて、ハロン15秒まで脚を伸ばしています。スピード感がありますし、走っている時のバランスも良くなってきました。相変わらずこの馬なりの硬さはあるものの、特に問題ありません。馬体重は489圓任后」とコメントされています。少しずつ調子も良くなってきているようですね。このまま順調に調整が進むことを願っています。

 

ハウナニはウォーキングマシンでの調整を行なっています。担当者さんは「この中間もウォーキングマシンでの運動を行っています。痛めている蹄の状態に変化はありませんが、相変わらずテンションの高いところはありますね。また、運動時間を少しずつ増やしていることで、体重は順調に絞れてきています。馬体重は504圓任后」とコメントされています。なかなか前進が見られませんね… ちょっと心配です。

 

ブラストワンピースは英国・ニューマーケット アビントンプレイスの坂路コースでキャンターを行なっています。担当者さんは「22日には前日に強めの調教を消化したことから、フラットコースでハッキング程度の騎乗運動を行いました。広いコースでたった1頭での運動となりましたが、終始リラックスして走れていて、とても頼もしく感じましたね。23日と24日は、ウォーレンヒルを1本登った後、ロングヒルを1本登坂という、通常通りのメニューを行っています。両日ともに、前半はゆったりと入っていき、終いにかけて徐々に脚を伸ばしていくようなイメージで行いました。23日は坂路の中腹で少し促すと、やや頭を上げるような面が見られましたが、全般的には良い走りだったと思いますし、24日はしっかりと折り合いながらも前進気勢のある動きをしてくれて、良い感触を得ることが出来ましたね。そして、25日にはウォーレンヒルで普通キャンターをこなした後、ロングヒルで1週前追い切りを行いました。再びフィエールマンと併せる形で、最初はブラストワンピースがリードしていき、最後は馬体を並べてゴールしています。時計的には前半はゆったりと入って徐々に加速して行き、ラストはハロン13秒くらいまで脚を伸ばしました。当初の予定よりも早めにフィエールマンが並びかけてきたので、一旦は向こうにリードされる形になりましたが、追い出してからの反応は良好で、終いはしっかりとした脚を使ってくれましたね。十分な負荷を掛けることが出来ましたし、1週前としては理想的な追い切りを消化できたので良かったです。少し背腰に疲れはありますが、毎日午後にはしっかりとケアを行うようにしていますし、ここを乗り越えれば良い状態で凱旋門賞へ向かえるはずなので、ブラストには何とか踏ん張ってもらいたいですね。最新の馬体重は545圓函大きな増減なく調整することが出来ていますよ。」とコメントされています。日々アップデートされる動画を見ながら、なんて広大な敷地なんだと驚く毎日です。少し背腰に疲れがというのが気になりますが… あと1週間でピークの状態へ持って行けるように願うばかりです。

 

キューグレーダーは再び右脚を骨折してしまいました。担当者さんは「今週から角馬場で騎乗調教を再開したのですが、乗り出して2日目に跛行してしまいました。すぐに獣医師に馬体の確認を行ってもらったところ、右膝の関節液の増量が認められ、骨折していることが判明しました。これまでに2回手術を行っている個所ですし、骨が弱くなってしまっていて、レースへ向けた調教には耐えられない状況になってしまっています。能力は高いと見込んで復帰を目指していたのですが、これ以上手術を行うことは難しいですし、仮に手術したとしても同じことを繰り返すだけになってしまうと思われます。」とコメントされています。残念ながらここで現役復帰を断念し競走馬登録抹消を抹消する予定となりました。もしかしたらこういうこともあるかなと思っていたので驚きはありませんが、オープンまではいけるかなと思っていた馬だっただけに至極残念です… 第二の馬生は乗馬馬となる予定ですが、ぜひともみんなに愛される馬になって欲しいです。お疲れさまでした!

 

コバルトウイングは週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「入場後の馬体チェックでは、元々ある右前の骨瘤に僅かに触診反応があったものの、他に異常はありませんでした。歩様も問題ありません。現在は坂路コースに入れてハロン14秒の調教を行っています。今後も様子を見ながら進めていきます。馬体重は504圓任后」とコメントされています。骨瘤が心配ではありますが既に14-14を週3で行なっているとは… かなり強い身体なんでしょうか。順調に成長していってくれればこの先かなり楽しめそうな器かもしれませんね。

 

ベッロコルサは9/22に栗東坂路良馬場で4F60.3-3F43.6-2F28.8-1F14.6を馬ナリで記録。そして9/25は栗東CW良馬場で6F85.1-5F69.0-4F53.7-3F39.9-1F12.9を馬場の7分どころを回り一杯に追って記録、2歳新馬(一杯)相手の併せ馬で0.9秒先行してクビ差先着しています。角田先生は「25日にCWコースで追い切りました。本数を重ねていくにつれて動き・反応ともに良くなってきていますし、こちらで進めている限り、気が悪い方に向くことはありません。ただ、レースでは集中力が散漫で気難しい一面が見られましたので、その辺りが気掛かりですね。この中間からブリンカーを着けていますが、良い方に効いているのは確かですので、レースでは深めのブリンカーを着用して万全の態勢で向かいたいと考えています。」とおっしゃっています。相変わらずプラスアピールできる時計ではないですが… それでも先着しているあたりは先週よりは少し前進といったところでしょうか。最終追い切りがどんな感じで追ってくるのか注目です。

 

ブリリアントコールは週2回屋内坂路コースでハロン13〜15秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター1,500〜2,500m、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も調教メニューに変化はありません。馬体が減ることなく、ふっくらとした状態をキープ出来ていますね。動きもしっかりとしてきており、終いまで良い手応えで登坂しています。来月には移動の予定も立ってくると思いますので、その時まで更に状態を上げていきたいですね。馬体重は455kgです。」とコメントされています。10月には移動して今年中にはデビュー戦を迎えて欲しいと思っていますがどうなりますでしょうか… 写真で見ると良い身体つきになってきたなと思うのでこの先が楽しみです。

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM