【調教チェック】 フライトストリーム 19.6.16 東京4R 3歳未勝利戦出走

  • 2019.06.15 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

デビューから7戦目を迎えるフライトストリーム。前走はダートの地方交流戦でしたが、今回は再び芝に戻してきました。距離は前走から300m延ばした1,800m戦です。正直、相手関係が楽で且つ8頭立ての地方交流戦で6着に敗れた馬が、中央の16頭立ての未勝利戦で好走できるイメージは湧いてきませんが… それでは今週の調教をチェックしてまいりましょう。

 

6/9に美浦坂路良馬場で4F58.0-3F42.8-2F27.6-1F13.3を馬ナリで記録、そして6/12は美浦南W良馬場で5F70.3-4F54.0-3F39.7-1F13.2を馬場の8分どころを回り一杯に追って記録、2歳新馬(直一杯)相手の併せ馬で1.5秒先行し0.2秒遅れています。新馬相手に併せ馬で遅れているのはちょっと頂けないですね… 1週前に嘉藤騎手が跨って追った時計はマズマズだったのですが、それよりも時計は遅く、前走の最終追いよりも遅くということで、ちょっと物足りない感じです。

 

高柳先生は「12日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭併せの先行から、直線で大外に持ち出されると、最後は半馬身ほど遅れてゴールしています。馬なりで併入を目標に乗り手にはお願いしていましたが、後続の馬に交わされてからすぐに抵抗出来ずに、最終的には遅れを取ってしまいました。元々ワンペースなところがありますので、スッと動けるタイプではないですが、交わされてからも何とか食らいつくような仕草を見せていましたので、この馬なりには走ってくれています。今の東京コースは時計がかなり速いですので、ひと雨降って少しでも時計が掛かってくれると良いですね。」とおっしゃっています。コメントからは勝利はイメージすることは出来ない感じです… 競馬ブックのコメントでは「落ち着き欲しい」となっています。

 

出走メンバーで調教が良いなと思ったのは、美浦南Wでのタイムがマズマズ良いスズロザーナショウナンサジン、美浦坂路での時計が優秀なルシェルドールです。

 

何とか掲示板を確保できれば御の字かなと思っていますが、初めての東京コースであっと驚く激走の可能性は未だ捨ててはいませんので(かなり厳しいとは思いますが)、そこに期待してレースを観戦しようと思っています!

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM