出資馬の近況 2019.4.14

  • 2019.04.14 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

今週の更新で4月中に2頭の出走予定が発表されました。正直、出走は5月に入ってからかなぁと思っていたので嬉しい誤算です!

 

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.7】:ノーザンファーム天栄で調整中

 

【4歳馬】

ハウナニ【1.0.1.3】:4/9に美浦トレセンへ帰厩、4/11に美浦南Wで時計、4/20の福島8R 芝1,200m、もしくは4/20の福島10R 伏拝特別 芝1,200mに出走予定

ブラストワンピース【5.0.0.3】:ノーザンファーム天栄で調整中

キューグレーダー【2.2.0.1】 :ノーザンファーム早来で調整中

 

【3歳馬】

スイートウィスパー【0.0.0.1】:ノーザンファーム空港で療養中

アーティファクト:4/7に美浦坂路で時計、4/10に美浦坂路で時計、4/27の新潟5R 3歳未勝利戦 芝1,600mに出走予定

フライトストリーム【0.0.0.6】:4/11にノーザンファーム天栄へ放牧

 

【2歳馬】

コバルトウィング(レースウィングの17):ノーザンファーム空港で育成中

ベッロコルサ(ベッライリスの17):ノーザンファーム早来で育成中

ブリリアントコール(レイズアンドコールの17):ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週から坂路コースで週2回は14-14ペースで乗り、少し全体の負荷を強めています。硬さはあるもののいつも通りといった印象ですし、馬体の張り・艶は良好で、体調は良さそうですから、この調子で乗り進めていきたいと思います。馬体重は496圓任后」とコメントされています。調教負荷が上がりながらも馬体重は前週と変わらずなのは、コメントにもあるように体調が良いからなのだろうと思います。調子に良いうちにどこかで1走して欲しいなぁと思いますが…

 

ハウナニは4/9に美浦トレセンへ帰厩し、4/11には美浦南Wで5F69.2-4F53.5-3F38.9‐1F13.4を馬場の7分どころを馬ナリで回り記録しています。手塚先生はは「ノーザンファーム天栄で順調に進められていたということですし、9日にこちらへ帰厩させていただきました。輸送による疲れも特に見られなかったので、早速翌日から軽めの運動を始めています。節の問題はありますが、パンパンで軽い馬場の新潟コースよりは、開催が進んで少しでも時計の掛かる福島コースで出走させたいと考えており、来週の芝1,200mのレースを目標にしたいと思っています。」とおっしゃっています。平坦小回りの福島をチョイスしてきましたか… 帰厩から短期間での出走となるので、天栄での調整でどこまで仕上がっているか… 最終追い切りがどれ位のレベルでやって来るか楽しみです。

 

ブラストワンピースはトレッドミルで軽めのキャンターを行なっています。担当者さんは「先週こちらに戻ってきて改めて状態を確認しましたが、脚元には特に問題はありませんでした。ただ、ここ最近の中では背腰のダメージが少し大きいようなので、まずはそちらの回復に重点を置いて進めていきたいと思います。馬体重は565圓任后」 コメントされています。もう560kg台って… ずいぶんと飼葉食いがよろしいようで… 背腰の疲れが取れないという事なので天皇賞春を使うことなく、次走は宝塚記念だろうなと思っています。障害の絶対王者。オジュウウチョウサンも宝塚記念参戦プランがあるようなので、また盛り上がるかもしれません。

 

キューグレーダーは週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も調教メニューに変化はありません。少しずつ自分のリズムを守って走れるようになり、乗り手の指示にもきちんと応えてくれます。出だしの硬さが若干気になるものの、動きが悪いわけではありませんし、そろそろ移動に向けてピッチを上げていきたいと思います。」とコメントされています。順調さが伝わってくるコメントです。 早めの復帰に向けて、このまま頓挫なく進んでいって欲しいです。

 

スイートウィスパーは週3回周回コースで軽めのキャンター2,500m、週3回トレッドミルでキャンターを行なっています。担当者さんは「周回コースでの調教を引き続き行っています。先週と比べても馬に活気があって、良い動きを見せてくれていますね。この動きなら来週から坂路調教に臨めそうですので、この状態を維持出来るよう努めていきます。また、この調教メニューに変更してから体重が減ってきたことも良い傾向ですね。馬体重は469kgです」とコメントされています。馬に活気があるというのはスーパーコメントです。このまま順調に調整ができることを願っています。

 

アーティファクトは4/7に美浦坂路で4F59.2-3F43.4-2F28.5-1F14.3を馬ナリで記録、そして4/11は美浦坂路稍重馬場で4F55.2-3F40.3-2F26.7-1F13.4を馬ナリで記録しています。4/7は日曜追いなのでゆっくりで構いませんが、4/11は稍重馬場であることを考えるとマズマズの時計かと思います。古賀先生は「10日に坂路コースで追い切りを行いました。単走で55-40程度とそれほど強い時計ではありませんが、雨が降って重い馬場の中でも最後まで力強い脚取りで走れていましたし、気持ち的には前向きで良かったと思いますよ。まだトモに頼りない部分は残っていますが、よく注意するようにしていますし、今のところ調教を行う上で大きな問題はなさそうです。今週の動きを見ると、あと2週あれば態勢は整いそうですし、新潟1週目の芝1,600mを目標に進めていきたいと思います。」とおっしゃっています。何と! 芝かダートの1,200M戦をチョイスしてくるかと思いきや、直線の長い1,600m戦からの始動とは少々驚きです。

 

フライトストリームは4/11にノーザンファーム天栄へ放牧しました。高柳先生は「青柳騎手には逃げなくても良いけど、前目で競馬をして欲しいと伝えていました。結果的に先手を取る形になりましたが、途中までは思った通りの形で進めることが出来たと思います。ただ、向正面でペースが上がると、そこから対応することが出来ませんでしたね。被されると良くないと思ったので、少しでも前向きさが出るようにチークピーシズを着用し、ジョッキーも懸命に追ってくれましたが、勝負どころからズルズルと後退してしまう形になってしまいました。相手関係的にチャンスはあると思っていたので、この結果となってしまって本当に残念です。翌日にトレセンで状態を確認しましたが、脚元に問題はなかったものの、飼い葉は残していましたね。この馬なりには頑張って走ってくれたのだと思いますし、この後はいったんノーザンファーム天栄へ放牧に出して疲れを取ってもらいたいと考えています。」とおっしゃっています。地方競馬でもあの着順となれば、未勝利脱出はかなり厳しいかなと…(*´Д`) あとはガラッと条件を変えるしかないと思うので、まずはしっかり疲れを取ってまた戻ってきて欲しいと思っています。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM