出資馬の近況 2018.10.6

  • 2018.10.06 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

この後13:00に約1年ぶりの出走を迎えるハウナニ。まずは無事に回ってきて欲しいと思う反面、菜七子騎手で勝てたらこれはビッグニュースになるだろうなぁと期待している自分もおります…

 

 

【4歳馬】

グラドゥアーレ【1.4.1.5】:10/5に美浦トレセンへ帰厩、10/21の新潟12R 十日町特別 芝1,400mに出走予定

 

【3歳馬】

ハウナニ【1.0.1.0】:10/3に美浦南Wで時計、本日の東京6R 500万下条件(牝馬限定戦) ダート1,400mに藤田(菜)騎手で出走予定

ブラストワンピース【4.0.0.1】:10/1に美浦坂路で時計、10/4に美浦南Wで時計、10/21の京都11R 菊花賞(G機 芝3,000mに池添騎手で出走予定

キューグレーダー【2.2.0.1】 :10/4に美浦トレセンへ帰厩、10/27の東京9R 国立特別 芝1,400mに出走予定

 

【2歳馬】

スイートウィスパー:ノーザンファーム天栄で調整中、5回東京開催でデビュー予定

アーティファクト:ノーザンファーム空港で育成中

フライトストリーム【0.0.0.2】:10/3に美浦トレセンへ帰厩、3回新潟開催を予定

 

 

グラドゥアーレは10/5に美浦トレセンへ帰厩しました。天栄の担当者さんは「5日に帰厩できる態勢が整ったことから、無事にこちらを送り出しました。この中間も坂路コースでの調教を続けていましたが、この馬なりにまずまず動けていましたし、悪くない状態でバトンタッチすることが出来たと思いますよ。」とコメントされています。まずは頓挫なく調整が進むようにというのが最優先です。予定通りレースに出走できるよう願っています。

 

ハウナニはこの後13:00の東京6R 牝馬限定のダート1,400m戦に出走します。速い時計を出していないのでレースに行ってどうなのか気になりますが、ここは叩き台とはいえ、何とか次戦への光が見えるレースを期待しています。

 

ブラストワンピースは10/1に美浦坂路重馬場で4F61.1-3F44.3-2F28.9-1F14.5を馬ナリで記録、10/4には美浦南W良馬場で5F68.5-5F52.4-4F38.5-1F12.8を馬場の6分どころを馬ナリで回って記録しています。大竹先生は「4日に南Wコースを軽く1周した後、単走で追い切りを行いました。帰厩後初時計でしたが、力の要るウッドチップでも楽な脚取りで走れていて、いい意味でこれまでと変わりのない走りを見せてくれました。騎乗した助手は『残り3ハロンからの反応も良かったですし、最後までしっかりとしたフットワークで走れていましたね。涼しい分、息の戻りも早いですし、少なくとも前走時の2週前追い切りを終えた時と同じくらいの状態にあると思います』と話していました。追い切りではしっかりと走ってくれますが、追い切りが終わればすぐにスイッチがオフになって、余計な力を消費しないのが良いですね。今の雰囲気を維持しながら菊花賞に向けて進めていければと思います。」とおっしゃっています。10/1は帰厩後初時計ということで緩めでOKですが、10/4は南Wで馬ナリでマズマズの時計を出しているのがさすがオープン馬です。写真を見ると少し太めに感じますが、レースまでにしっかり鍛え、馬体も絞って、初のG蟻彜Г箸覆譴襪茲Δ亡待しています。

 

キューグレーダーは10/4に美浦トレセンへ帰厩しました。栗田先生は「4日にこちらへ帰厩させていただきました。まずはよく馬体を確認させていただき、馬体に問題がないようであれば、明日から予定している国立特別に向けて乗り運動を開始していきたいと考えています」 とおっしゃっています。前走芝1,800m→今走芝1,400mと距離短縮で迎える一戦、次週以降の追い切りタイムを注目して見ていたいと思います。

 

スイートウィスパーは週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「先週見られた硬さについては、もう問題なさそうですから、今週から再び坂路コースでの調教を始めています。一頓挫ありましたが、引き続き11月の東京開催での出走を目指して、乗り込みを進めていきたいと思います。馬体重は453圓任后」とコメントされています。再び坂路での乗り入れがスタートされて一安心です。ここからは頓挫なくデビュー戦を迎えることが出来るよう願っています。馬体重は前週から4kg絞れました。

 

アーティファクトは週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「周回コースで走りを覚えさせたことで、坂路での走りも良くなってきました。父産駒らしい歩様の硬さは多少無くなってきていますし、全体的に良化が窺えます。元気一杯で体調は良さそうなので、今後も動きを見てペースを上げていきます。」とコメントされています。元気一杯とはとても嬉しいコメントです。このまま勢いに乗ってしっかり鍛えてデビュー戦を迎えて欲しいと思います。

 

フライトストリームは10/3に美浦トレセンへ帰厩しました。高柳先生は「ノーザンファーム天栄で順調に乗り込めていたようですから、3日にこちらへ帰厩させていただきました。調教での動きを見ながら最終的には決めていきたいと思いますが、新潟1週目だとさすがに間隔的に厳しいでしょうし、今のところ3週目の芝1,800mが良いのかなと考えています。」とおっしゃっています。馬体も大きくなったようですし、この成長が調教にも反映させて欲しいなと思うのですが… 今までの調教ではタイムも遅め、併せ馬ではいつも遅れるといった感じでしたが、この成長を経て、どのように変わってくるか楽しみです。

 

 

7頭中5頭が入厩というのは初めてのことです。今のところ愛馬の出走がないのは来週だけで、菊花賞週とその翌週とで出走してくる予定ですから10月は本当に楽しみな月になりそうです。まずは先鋒のハウナニの好レースを期待しています!

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM