【調教チェック】 ハウナニ 18.10.6 東京6R 500万下条件戦出走

  • 2018.10.05 Friday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

前走、未勝利戦を勝ったのが昨年の10/15ですから、およそ1年ぶりにレースに復帰する白毛馬ハウナニ。5枠10番からの出走です。ここは昇級戦且つ長期休養明けの一戦ということで、勝ち負けというよりは無事に回ってきて欲しい、次につながるレースを見せて欲しいといった気持ちでいます。それでは今週の最終追い切りを見てまいりましょう。

 

10/3に美浦南W良馬場で5F71.2-4F56.1-3F41.7-1F14.1を馬場の8分どころを馬ナリで回って記録。最終追い切りも馬ナリで遅めのタイムですし、中間も早い時計を出していないですから、これでレースに行って勝負になるのかなと心配ではあります。

 

手塚先生は「3日に南Wコースで追い切りを行いました。単走で5ハロンから71.2‐41.7と、そこまで負荷を掛けずに状態を確認する程度でした。レースでも騎乗してもらう予定の菜七子(藤田菜七子騎手)に今週も跨ってもらいましたが、動きはまずまずで悪くはなかったですよ。約1年ぶりの実戦に加えて昇級初戦ですから、まずは無事に最後まで走り終えてもらい、次に繋がるレースが出来れば良いですね。」とおっしゃっています。

 

また、鞍上予定の藤田騎手は「3日の追い切りに乗せていただきました。ウッドチップが深かったので、脚を取られそうになることもあり、見た目にはあまり軽快に映らなかったかもしれませんが、反応はしっかりしていましたし、息遣いも悪くなかったです。最後までしっかりと走ることが出来ていましたし、先週も乗せていただいたのですが、少しずつ状態は上向いてきているように思います。ダクやハッキングをする際に力が入り過ぎているところがありますので、そこはレース当日も気を付けていきたいですが、走り出してしまえば特に気にならなかったです」 とおっしゃっています。コメントからはまだ良化途上といった感じですし、次戦に向けて今回が叩き台といった感じなのかもしれません。

 

メンバー構成を見ると、前走馬券圏内がハウナニ自身も含めて4頭、その内、前走未勝利戦勝ち上がりが3頭ということで、割と恵まれた感があります。ですからここで好勝負出来ないとこの先どうなんだろうかというのは正直あります。他の出走馬で調教が良いなと思ったのは美浦南Wでのタイムが良いホマレマローネメタリコミュゼットメイショウアテンですね。

 

はたして台風25号のの影響がどう出るか、あまり馬場が軽くなるとパワー型と思われるハウナニには少々キツイかなと… 休み明けで速い時計に対応が出来るのか等、心配の種は尽きません… 初の古馬相手のレースにはなりますが、頑張って良い結果を残してくれれば嬉しいです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM