出資馬の近況 2019.12.21

  • 2019.12.21 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

もしかしたら今年最後の出走になるかなと思っていたベッロコルサは1回京都開催を目指しますと発表がありました。残念ながら今年は昨年と比べるとイマイチな成績になってしまいましたが、これは昨年が良すぎたんだと思って2020年に期待をしたいと思います。

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.10】:ノーザンファーム天栄で調整中、2020年第1回小倉開催に出走予定

 

【4歳馬】

ハウナニ【2.0.1.4】:ノーザンファーム空港で調整中

ブラストワンピース【6.0.0.5】:ノーザンファーム天栄で調整中、1/26の中山11R AJCC(G供房2,200mに出走予定

 

【2歳馬】

コバルトウィング【1.0.1.1】:ノーザンファーム天栄で調整中

ベッロコルサ【0.0.1.3】:12/15に栗東坂路で時計、12/18に栗東CWで時計、2020年第1回京都開催に出走予定

ブリリアントコール:ノーザンファームしがらきで調整中

 

 

グラドゥアーレは週1回周回コースで5ハロンから14-14、週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週も坂路コースと周回コースを併用して進めています。歩様の硬さは良い意味でいつも通りですし、動きの方もまずまずですね。小西調教師とは年明けの小倉開催を目標に進めてく方向で話していますから、このまま態勢を整えていきたいと思います。馬体重は497圓任后」とコメントされています。はるばる小倉までの遠征ですね。6歳で1勝馬となればこれからはローカル開催を中心に使っていくことになるのでしょうね。芝1,200mに出走と思いますが頑張って勝ちを掴み取って欲しいです。

 

ハウナニは週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「近々移動する予定ですので、この中間はハロン14秒を切るくらいのところまで進めています。体調面は問題ありませんが、もう少しこちらで体力面を強化して、より動ける状態で送り出したいと思います。馬体重は500kgです。」とコメントされています。いよいよ復帰が近づいてきましたね。レースまで順調に進んでいってくれることを願っています。

 

ブラストワンピースは週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週は登坂回数を週2回に止めていますが、馬体面に問題はありませんし、疲れは見せず動きはしっかりとしています。年明けすぐの検疫でトレセンに移動する予定となっていますので、この調子でさらなる状態アップを図っていければと思います。馬体重は566圓任后」とコメントされています。登坂回数が減ったのでちょっと心配ではありますが大事にはなっていないようです。次週は移動前の最後のコメントになるでしょうから、どんな感じのコメントになるのか注目しています。

 

コバルトウイングは週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて特に問題はありませんでした。先週一杯は軽めの運動に止め、今週から坂路コースでの調教を始めています。その後も大丈夫そうですから、この調子で乗り込みを強化していきたいと思います。馬体重は525圓任后」とコメントされています。既に週3回で14-14をやっているとは驚きです。この感じであれば順調ならば次走はそう遠くないはず… 楽しみに待っています!

 

ベッロコルサは12/15に栗東坂路良馬場で4F60.5-3F44.6-2F29.8-1F14.6を馬ナリで記録、そして12/18は栗東CW良馬場で6F83.5-5F67.7-4F52.7-3F39.6-1F12.6を馬場の9分どころを回り稍一杯に追って記録。古馬3勝クラス(馬ナリ)相手の併せ馬で0.5秒先行して0.5秒遅れています。角田先生は「18日にCWコースで追い切りました。併せてしっかり負荷を掛けておきましたが、この馬なりにしっかり動けていましたし、以前と比べると最後まで踏ん張っていたと思います。馬体は大きく変わっていませんが、中身がしっかりしてきたように思えます。もう少し追い切りを重ねてから検討したいと思っていますが、年明けの第1回京都開催の1週目、もしくは2週目あたりを目標に進めていきたいと思います。」とおっしゃっています。併せ馬の相手はアメリカでも好走したマスターフェンサーですからね… 遅れは致し方ないかと。時計的にはマズマズなので次週の調教でどれ位の時計を出してくるのか注目しています。

 

ブリリアントコールはトレッドミル、坂路コースでハロン14〜15秒を行なっています。厩舎長さんは「この中間も先週と同じ調教メニューで乗り込んでいますが、ここまで進めている限り、カイバ食いが悪くなったり、疲れを見せることもありません。馬体の方は成長途上ながらも、この馬なりに良くなってきていますから、移動に備えて乗り込みを続けていきたいと思います。馬体重は447kgです。」とコメントされています。デビューに向けてしっかり鍛錬されているようです。このまま順調にデビューを迎えて欲しいです。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM