小樽市 旭展望台からの俯瞰撮影

  • 2019.06.14 Friday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道写真

 

こんにちは!

 

6月9日日曜日は小樽市内にある「旭展望台」から函館本線・南小樽−小樽間を走る列車を俯瞰撮影してきました。

 

旭展望台_190609.jpg

 

「旭展望台」は位置的には小樽駅の後方にあります。「地獄坂」を上り、小樽商業高校のところを右折して進んでいくと到達できます。右折するところに看板もあるので直ぐにお判り頂けるかと思います。でも冬期間は道路が閉鎖されるのでご注意を…

 

 

展望台からは小樽市街が一望できます。縦構図で空と海、小樽市街の街並みと列車を入れて撮影してみました。

 

733系 3865M 快速エアポート 旭展望台からの俯瞰_190609.jpg

 

F10、1/200秒、ISO100、132mm、露出補正±0、WB AWB、カスタムイメージは「風景」で撮影。列車は733系6両編成3865M・快速エアポート101号です。列車はかなり小さく写り込んでいるのでオマケみたいな感じですね。

 

 

次にやって来たのは164M・721系3両+731系3両の6両編成でした。

 

721系+731系 164M 旭展望台からの俯瞰_190609.jpg

 

F10、1/160秒、ISO100、162mm、露出補正±0、WB AWB、カスタムイメージは「風景」で撮影。今度は横構図で少しだけアップで撮ってみました。

 

 

今回は奥さまと愛息が車内で寝ていたので、20分程度の滞在で、周りの建物などを入れて2本の列車を撮影しただけで車に戻りました。もっとアップにして列車をメインで俯瞰撮影することもできる撮影ポイントでもあるので、改めて天気の良い日に来て撮影してみたいと思っています。

 

 

室蘭本線 礼文−小幌間でキハ183系 集約臨を撮影

  • 2019.06.13 Thursday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道写真

 

こんにちは!

 

6月8日土曜日はキハ183系で運行される集約臨時列車(集約臨)を撮影するため、家族3人でドライブがてら豊浦町まで行って来ました。今回撮影場所に選んだのは以前にも来たことがある室蘭本線・礼文−小幌間にある「大学沢道路踏切」です。踏切脇からカーブを曲がってくる列車を撮影します。

 

愛息もいるので、撮影場所で長い間ステイして貨物列車等で練習してから… ということは今回は出来ません。目的の列車が来る30分位前に到着しての一発勝負です。

 

今回の回8032D・集約臨は6両編成でやって来ました。

 

キハ183 回8032D 礼文ー小幌_190608 (1).jpg

 

キハ183 回8032D 礼文ー小幌_190608 (2).jpg

 

F5.6、1/1000秒、ISO200、202mm、露出補正±0、WB AWB、カスタムイメージは「鮮やか」で撮影。今回は団体幕でした。久し振りのキハ183系の撮影で私自身は大興奮でしたが、愛息に見せてあげたいという願いは虚しく外れ、VOXYの車内で奥さまともども気持ち良さそうに眠っていました…

 

秋には地元・函館本線山線でも走ることですし、愛息に見せるのはまたの機会に…

 

 

朝靄とニセコライナーを撮りに行ったつもりが…

  • 2019.06.12 Wednesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道写真

 

こんにちは!

 

先週6月5日は朝からモヤが濃くて、自宅周辺も真っ白な感じになっていたため、こんな時にいつも行く仁木−余市間の田んぼで列車を撮影したらどんな感じになるのかなと思って出勤前にちょっと行ってきました。

 

ところが撮影場所に着いてみたら驚くことにこちらの方がモヤが薄い状態でした。そんな中、やってきたのは3925D・キハ201 快速ニセコライナーです。

 

キハ201 3925D 快速ニセコライナー 仁木−余市_190605.jpg

 

F6.3、1/640秒、ISO400、46mm、露出補正±0、WB AWB、カスタムイメージは「鮮やか」で撮影。ただの曇りの日の撮影のようになってしまいました。ただ、風はほとんど感じなかったせいもあって、秘かに水鏡になっています。

 

 

少し待って、余市駅を出発して仁木方面へと向かう1928Dをバックショットで撮影しました。

 

キハ40+150 1928D 余市−仁木_190605.jpg

 

F6.4、1/640秒、ISO400、42mm、露出補正±0、WB AWB、カスタムイメージは「鮮やか」で撮影。キハ40+150の2両編成です。奥の方の建物とかが見えるのでモヤの薄さがお判りいただけるかと…

 

また今度、朝モヤが濃い時に来てみたいと思います。ちょっと幻想的なイメージで撮ることができるのではないかと期待しています。

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM