【中山7R 2歳1勝クラス条件戦結果:4着】 コバルトウィング

  • 2019.12.09 Monday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

昇級戦となる1勝クラス条件戦に出走したコバルトウィング。最終追い切りがイマイチだっただけにこのメンバーでどのようなレースをするのか心配半分期待半分で見ていましたが、結果は馬券圏内に一歩届かずの4着でした。それではパドックから見てまいりましょう。

 

191208 コバルトウィング 2歳1勝クラス条件戦 パドック.PNG

 

馬体重は前走未勝利戦時と比較して+18kgと大幅な馬体重増… これはまだ太いと言われていたメイクデビュー時からも+2kgですからね… 実際に腹回りはまだ一絞りできる感じに見えました。成長分はあったとしてもまだ少し太め残りだったかなぁと…

 

 

そしてスタート!

 

191208 コバルトウィング 2歳1勝クラス条件戦 スタート.PNG

 

好スタートです! ここからポジションをどう取りに行くのか…

 

 

おっ、前にはいかないのですね…

 

191208 コバルトウィング 2歳1勝クラス条件戦 スタート後.PNG

 

 

最初のコーナーは後ろから4番手で回っていきます。

 

191208 コバルトウィング 2歳1勝クラス条件戦 1コーナー.PNG

 

191208 コバルトウィング 2歳1勝クラス条件戦 1−2コーナー中間.PNG

 

 

向こう正面でもまだ後方の位置取り。そして3コーナー手前から少しずつポジションを上げていきます。

 

191208 コバルトウィング 2歳1勝クラス条件戦 向こう正面.PNG

 

 

外を回して前の方へ差を詰めていきます。

 

191208 コバルトウィング 2歳1勝クラス条件戦 3−4コーナー中間.PNG

 

 

そして最終コーナーは大外を回していざ直線へ!

 

191208 コバルトウィング 2歳1勝クラス条件戦 4コーナー.PNG

 

 

残り200m、良い脚で差を詰めてきますがちょっと前には届かないかなといった感じ…

 

191208 コバルトウィング 2歳1勝クラス条件戦 残り200m.PNG

 

 

残り100mあたりでこの位置、馬券圏内は無理でも掲示板にはギリギリ載れるか…

 

191208 コバルトウィング 2歳1勝クラス条件戦 残り100m.PNG

 

 

ゴールは勝馬から0.3秒差の4着。自身の走破タイムは未勝利勝ちよりもタイムを詰めた1:54.6でした。

 

191208 コバルトウィング 2歳1勝クラス条件戦 ゴール.PNG

 

自身の上りはレースの上がり38.5を上回る37.8を繰り出すも、メイクデビュー時に前にいたヤウガウの後塵を再び拝したのは悔しいですね… 更に言うとヤウガウは前走から+24kgでしたから…

 

レース後に更新された公式ツイッターの三浦騎手のコメントは「もっと早めに上がって行きたかったのですが、動き出しでモタモタしてしまいました。久々でまだ少し重たかったのかもしれません。」となっており、しかしながら最終追い切りも抜群とはいえなかった状況で、加えて太め残りの状況で、このレースっぷりなら落胆よりも期待の方がはるかに大きくなるレースだったと思います。

 

次戦はここを叩いで続戦となるのか、放牧して仕切り直しとなるのかわかりませんが、東京のダート2,100m戦とか合いそうだなと個人的には感じています。

 

最後に、無事にレースに送り出して下さった萩原先生はじめ厩舎スタッフの皆さま、三浦騎手、天栄を含めた関係者の皆さまには感謝申し上げます。ありがとうございました!

 

 

出資馬の近況 2019.12.8

  • 2019.12.08 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

シルクHC 第1回追加募集でラヴイントーキョーの18に申し込みをしたのですが無念の落選… 早くも第2回追加募集があることを祈るばかりです。さて、今日は中山でコバルトウイングが出走します。最終追いがイマイチだっただけに不安が大きいですが、来年に向けて期待が持てるレースをして欲しいです。

 

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.10】:ノーザンファーム天栄で調整中

 

【4歳馬】

ハウナニ【2.0.1.4】:ノーザンファーム空港で調整中

ブラストワンピース【6.0.0.5】:ノーザンファーム天栄で調整中、1/26の中山11R AJCC(G供房2,200mに出走予定

 

【2歳馬】

コバルトウィング【1.0.1.0】:本日の中山7R 2歳1勝クラス条件戦 ダート1,800mに三浦騎手で出走予定

ベッロコルサ【0.0.1.3】:ノーザンファームしがらきで調整中

ブリリアントコール:ノーザンファームしがらきで調整中

 

 

グラドゥアーレは週1回周回コースで5ハロンから15-15と坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「徐々に周回コースのペースを上げていっても問題はなかったので、今週は周回での運動後に坂路コースでハロン15秒の乗り込みをこなすようにしています。歩様に硬さがある馬なので、周回と坂路を併用するようにしていますが、乗り込みを進めてより硬さが増してしまわないよう気を付けて進めていきます。馬体重は501圓任后」とコメントされています。来年は6歳になるので着順の悪いレースが続くと引退の可能性も出てきそうです。そうならないためにもしっかり鍛錬して戻ってきて欲しいと思っています。

 

ハウナニは週2回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も坂路コースで乗り込んできましたが、軽い熱発が見られたのでいったんペースを落としました。見えない疲れが溜まっていたこと、そして寒暖差が大きくなってきたことで体調を崩してしまったようです。ただ、既に乗り運動も再開しており、状態は徐々に上がってきていますから特に心配は要りません。馬体重は489kgです。」とコメントされています。馬体重が前週から一気に16kgも落ちてしまっているように体調がイマイチ… 乗り運動が再開できているのでそれほど心配しなくても良いのでしょうが、馬体重が一気に減っているのでちょっと心配です。

 

ブラストワンピースは週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週も坂路コースでの乗り込みを継続していますが、動きは良い意味で安定していますね。背腰の状態についてもよくケアしていることで悪化せずに調整できていますから、目標のAJCCに向けてはここまで順調に進めることが出来ていますよ。馬体重は566圓任后」とコメントされています。ここにきて馬体重もいつもの感じになってきて、少しずつですが上昇傾向なのが伺えます。12月中はしっかりリフレッシュして疲れを取り切ってターフへ戻ってきて欲しいです。

 

コバルトウイングは本日の中山7R 2歳1勝クラス条件戦 ダート1,800mに5枠9番から出走します。競馬ブックWebでの二本柳助手のコメントは「放牧明けで体重は増えていますが動きはいいですし、太くはありません。前走が強い勝ち方。このクラスでも」となっており◎になっています。最終追い切りがイマイチだっただけに正直勝ち切れるまでは難しいかなと思っていますが、強敵やデビュー戦で先着を許したメンバーがいる中でも恥ずかしくないレースを見せて欲しいと思っています。

 

ベッロコルサはトレッドミル、坂路コースでハロン15秒で調整を行なっています。厩舎長さんは「順調に進められていましたので、この中間から坂路で15-15を開始しています。ペースを上げた後も硬さが出ることもなく、状態は変わりありません。具体的な予定は決まっていませんが、この調子で乗り込んでいけば、帰厩の目処も見えてくるのではないかと思っています。馬体重は437kgです。」とコメントされています。ペースを上げても馬体重が前週から増えてきているので体調は良さそうです。しっかり鍛錬してレースに復帰して欲しいです。

 

ブリリアントコールはトレッドミル、坂路コースでハロン15秒を行なっています。厩舎長さんは「坂路で乗り出した後も順調に進められていましたので、この中間から15-15までペースを上げています。負荷をかけた後も疲れを見せることはありませんし、飼い葉も食べてくれているので、この調子で帰厩に向けて進めていきたいと思います。馬体重は455kgです。」とコメントされています。馬体重は少し絞れましたが、ペースが上がってきているので多少は仕方がないのかなと… これからしっかり調教を積んで、レースが出来る体力をつけてトレセンへ戻って来ることを期待しています。

 

 

【調教チェック】 コバルトウィング 19.12.8 中山7R 2歳1勝クラス条件戦出走

  • 2019.12.07 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

明日の中山7R 2歳1勝クラス条件戦に出走するコバルトウィング。前走5馬身差の圧勝も、今回はそれ以上のパフォーマンスを見せて勝った馬もいて、どこまで通用するのか楽しみな一戦となりました。それでは今週の調教をチェックしてまいりましょう。

 

11/30に美浦南W良馬場で5F68.9-4F53.4-3F39.0-1F13.2を馬場の7分どころを馬ナリで回って記録、古馬2勝クラス(強め)相手の併せ馬で0.6秒先行し同入しています。そして12/4の最終追い切りも同じく美浦南W稍重馬場で三浦騎手を背に5F69.6-4F53.8-3F39.7-1F12.5を馬場の7分どころを馬ナリで回って記録。古馬2勝クラス(馬ナリ)相手の併せ馬で0.6秒追走して0.4秒遅れています。

 

三浦騎手は「4日の追い切りに乗せてもらいました。道中はこちらが追走して行く形で進め、直線で内に入れて追い出したものの、最後は遅れてしまいました。先週に比べると、トモをしっかり使って走り切れておらず、その分ハミに頼り気味で、メリハリの利いた走りが出来ず、最後までダラッとした感じの動きになってしまいました。動きの質としては正直先週の方が良かっただけに、そこがレースに行ってどう影響するか不安な部分はありますが、元々追い切りではそこまで動くタイプではないですし、時計的には十分なものを消化できていると思います。前走は良い勝ち方でしたし、昇級戦で簡単ではありませんが、今回も良い結果を残せるよう頑張りたいと思います。」とおっしゃっています。実際に時計面では先週の追い切りと比べると同じ稍重馬場で全体時計では3.6秒も遅いですし、ずっと同入か先着していた相手に後れを取っているのでデキが落ちてきているのかなと心配しています。三浦騎手のコメントも先週の方が良かったとあるだけに、強敵がいる今走はどこまで勝負になるのか興味深いです。競馬ブックWebの調教評価は『好気配示す』となっており矢印も↗となっていますが、正直なところ楽しみよりも心配の方が大きいです。

 

ところで萩原先生のコメントが無いのはどうしてなのかな?と思ったらノームコアが香港マイルに出走するので、そちらにいってらっしゃるのでしょうね… (・ω・)ノ

 

さて、他の出走馬で調教が良いなと思ったのは、同じ美浦南Wでのタイムが良いカイアワセタイアンキチジツニシノレオニダスフルデブスリーダーマイネルアストリアロンゴノット、栗東CWでのタイムが良いバカラですね。

 

こうやってみると好調教の馬も多くて自身の調教との比較ではなかなか勝つのは難しいように思えますが、真ん中あたりの5枠9番と良い枠に入れましたし、勝てないまでも次戦へ向けて光の見えるレースをして欲しいです!

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM