出資馬の近況 2019.1.19

  • 2019.01.19 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

愛馬の中で唯一在厩で調整されていたアーティファクトが再びNF天栄へ… これで昨年に引き続き1月の愛馬の出走はゼロということになりました。早くも2019年の目標の1つがクリアできず… (*´Д`)

 

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.6】:ノーザンファーム天栄で調整中

 

【4歳馬】

ハウナニ【1.0.1.2】:ノーザンファーム天栄で調整中

ブラストワンピース【5.0.0.2】:ノーザンファーム天栄で調整中

キューグレーダー【2.2.0.1】 :ノーザンファーム早来で療養中

 

【3歳馬】

スイートウィスパー【0.0.0.1】:ノーザンファーム空港で療養中

アーティファクト:1/18にノーザンファーム天栄へ放牧

フライトストリーム【0.0.0.4】:ノーザンファーム天栄で調整中

 

【2歳馬】

レースウィングの17:ノーザンファーム空港で育成中

ベッライリスの17:ノーザンファーム早来で育成中

レイズアンドコールの17:ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは週2回周回コースで5ハロンから15-14、週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間は周回コースで速めのところを乗り込みながら進めています。時期的なこともありますが、どうしても硬くなりやすい馬ですし、これまでとパターンを変えて調教を進めています。今のところ問題は見られませんが、今後も状態に合わせて進めていきたいと思います。馬体重は508圓任后」とコメントされています。いろいろと工夫されて調整が進められており、何とかそれに応えて好レースを見せてくれるようにと期待しています。馬体重は前週から+1kgです。

 

ハウナニは週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間から登坂回数を週3回に増やし、全体の調教量を増やしています。段々と負荷を上げられているように、ここまで順調に立ち上げられていますし、この波を崩さないように進めていきたいですね。馬体重は492圓任后」とコメントされています。前週よりも+3kgと順調さが伺えます。復帰戦が何処になるのか発表が待ち遠しいです。

 

ブラストワンピースは週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週から坂路コースで乗り込みをスタートし、週2回はハロン14秒まで脚を伸ばしています。坂路入り後も疲れは見られませんし、冬毛が伸びたりせず見た目も良いです。もちろん今後の状態次第ではありますが、大阪杯が春の一つの大きな目標になってくるのではないかと思います。馬体重は563圓任后」とコメントされています。調教負荷が上がっているのに馬体重は前週から+9kgとは… 調子は悪くなさそうですね。大阪杯を目標とした場合、どこかを挟むのか直行するのか… 始動戦の発表が楽しみです。

 

キューグレーダーはトレッドミルでダクを行なっています。担当者さんは「この中間からはトレッドミルでダクを始めました。脚元の状態は変わらず良好ですが、先週と比べても更に体重が増えてしまっています。来週からはキャンターを始める予定ではあるものの、負荷を高めずより長い時間調教を行って、汗をかいてもらいましょう。馬体重は556kgです。」とコメントされています。前週より+6kgと更に馬体重が増えているのが少々気がかりですが… 今後の調整と馬体重に注目して見ていこうと思います。

 

スイートウィスパーはウォーキングマシンでの運動を行なっています。担当者さんは「この中間からはウォーキングマシンでの運動を開始しています。患部の状態はこちらが思っていたよりも回復は早いですが、無理にペースを上げることはせず、じっくりと進めていく方針です。また、調教に対してとても前向きで、手の掛からない馬ですね。馬体重は470kgです。」回復が思っていたよりも早いという事で何よりです。馬体重も前週から+5kgですし、このまま順調に行って欲しいと願っています。

 

アーティファクトは美浦トレセンで調整していたのですが、1/18にノーザンファーム天栄へ放牧に出ました。古賀先生は「先週末に坂路コースで15-15くらいを行いましたが、その後も良い意味で変わりはなかったので、17日に南Wコースで時計を出しました。ただ、現状トモに弱さを感じるのは事実ですし、牧場サイドとも今後について協議したところ、完全に疲れが溜まってしまう前にリフレッシュさせることとなりました。今は耐えてくれていますが、途中でまた頓挫してしまい、休養が長引くことだけは避けたいですから、申し訳ございませんがここは慎重に進めさせてください。18日にノーザンファーム天栄へ移動させていただく予定です。」とおっしゃっています。なかなか調整が上手いこと進んでいかないですが、ここで焦らずリフレッシュさせたことが吉と出ると信じて、見守っていきたいと思います。

 

フライトストリームは週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週から坂路コースでの乗り込みを開始しており、週3回ハロン14秒ペースで乗っています。坂路入り後も右前の歩様は悪化せずに調整できていますし、今後もしっかりとケアしながら進めていきたいと思います。馬体重は485圓任后」とコメントされています。早くも14-14で週3の登坂ということで割と順調そうです。馬体も成長が含まれているのでしょうが、前週よりも+7kgで480kg台まで増えてきました。しっかり鍛えて戻ってきて、レースでの活躍を期待しています。

 

 

出資馬の近況 2019.1.13

  • 2019.01.13 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

本来であれば当週はフライトストリームが未勝利戦に出走する予定だったのですが、調子がイマイチということで放牧へ… このままだと昨年同様、1月は愛馬の出走がゼロという事になりそうな気配…

 

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.6】:ノーザンファーム天栄で調整中

 

【4歳馬】

ハウナニ【1.0.1.2】:1/4にノーザンファーム天栄へ放牧

ブラストワンピース【5.0.0.2】:12/27にノーザンファーム天栄へ放牧

キューグレーダー【2.2.0.1】 :ノーザンファーム早来で療養中

 

【3歳馬】

スイートウィスパー【0.0.0.1】:ノーザンファーム空港で療養中

アーティファクト:12/25に美浦トレセンへ帰厩、1/10にゲート試験合格

フライトストリーム【0.0.0.4】:1/4にノーザンファーム天栄へ放牧

 

【2歳馬】

レースウィングの17:ノーザンファーム空港で育成中

ベッライリスの17:ノーザンファーム早来で育成中

レイズアンドコールの17:ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは坂路コースで軽めのキャンターを行なっています。担当者さんは「この中間は徐々に調教進度を上げており、今週から坂路コースでのキャンターをスタートしています。徐々に背腰の疲れも取れてきていますし、動きの方にも問題はなさそうなので、この調子で徐々にペースアップを図っていきたいところです。馬体重は507圓任后」とコメントされています。調子は悪くなさそうなので、このまま順調に調整が進むことを願っています。

 

ハウナニは週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「先週こちらに戻ってきており、脚元には特に問題は見られませんでした。少し歩様に硬さは見られるものの、大きな問題はないので、今週から坂路での乗り込みを開始しています。この調子で徐々に坂路での調教をメインに進めていきたいと思います。馬体重は489圓任后」とコメントされています。既に14-14を出しているので順調そうです。復帰が楽しみです。

 

ブラストワンピースは周回コースで軽めのキャンターを行なっています。担当者さんは「こちらに入場後、改めて馬体のチェックを行いましたが、脚元を含めて大きな問題はありませんでした。体を見てもガクッと疲れたような印象は受けませんし、既に周回コースで軽めの運動を行えているように、順調に立ち上げられていると思います。馬体重は554圓任后」とコメントされています。体質がだいぶしっかりしてきたのか、馬体重もすでに554kgまで戻ってきているとは… 始動戦の発表が待たれますが、まずはケガ無く順調に過ごして欲しいと思います。

 

キューグレーダーはウォーキングマシーンでの運動を行なっています。担当者さんは「引き続きウォーキングマシンでの運動を行っています。昨年末は少し体が締まってきた感じでしたが、ここに来てかなり緩さが目立ち始めました。運動は継続して行っているものの、脚元のことを考えると更に負荷を掛けることは出来ませんので、飼い葉を上手く調整していこうと思います。馬体重は550kgです。」とコメントされています。だいぶ馬体重が増えましたね… 体も緩んでしまったようですが、これから少しずつ調整しながら体を作っていって欲しいです。

 

スイートウィスパーはトレッドミルで常歩を行なっています。担当者さんは「この中間は獣医の許可が下りましたので、トレッドミルで常歩を開始しています。患部を含めて状態面はとても良好で、飼い葉もモリモリ食べてくれます。その分、体は大きくなってきているので、脚元に負担が掛からないよう十分注意していきたいと思います。馬体重は465kgです。」馬体重も戻り、だいぶ元気になってきたようで安心しました。運動も始まりましたが、頓挫なく進んでいって欲しいです。

 

アーティファクトは10日にゲート試験に合格しました。古賀先生は「この中間もゲート練習を中心に調教を進めていましたが、徐々に出の方も上達してきていたので、10日にゲート試験を受けたところ、無事に合格することが出来ました。まだ速い時計を出していないのもありますが、ここまで進めている限り馬にくたびれた様子はありませんし、時期も時期ですからこのままデビューに向けて調整していきたいと考えています。具体的なレースについては追い切りの動きを見ながら検討していきたいと思いますが、今後もトモのケアはしっかりと行いながら進めていきたいと思います。」とおっしゃっています。まずは合格できたということでホッとしました。このまま在厩で調整していくようなので、しっかりと調教を積んで、新馬戦での好レースを期待したいと思います。

 

フライトストリームはトレッドミルで軽めのキャンターを行なっています。担当者さんは「先週こちらに戻ってきましたが、聞いていた背腰の張りはそれ程ではないものの、右前脚の歩様には硬さが見られますね。現在は無理せずトレッドミルでの運動に止めており、今後も回復具合に合わせたメニューを組んでいければと思います。馬体重は478圓任后」とコメントされています。ここは回復を図りながらの調整ということで少し時間がかかるかもしれませんね… まずはしっかり疲れを癒して次のステップへと進んでいって欲しいと思います。

 

レースウィングの17は週3回屋内坂路コースでハロン17〜18秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間、右前脚の骨瘤の症状が落ち着いきましたので、12月上旬から坂路での運動を再開しています。休んでいたので全体的に体が緩い状態ですが、その状態でも本馬のセールスポイントである力強く飛びの大きい迫力のある走りを見せています。まだ荒削りな部分があるので、しっかりと安定した走りを継続できるように、騎乗中は常に馬とのコンタクトを意識して乗っていきたいと思っています。運動量を戻している段階ですから、数字上、馬体重に増減はありませんが、腹回りなど日々、引き締まってきているのを感じます。引き続き、骨瘤の状態に注意しながら調教量・ペースともに上げていくつもりです。」とコメントされています。骨瘤がでて少しペースが落ちましたが、まだ時間はありますからね… 馬体重も既に506kgと大きいですし、脚元に注意しながら順調に調子が進んでいくことを願っています。

 

ベッライリスの17は週2回屋内坂路コースでハロン16秒〜17秒のキャンター1本と週1回周回コースで軽めのキャンター、残りの日は軽めの運動を行なっています。担当者さんは「この中間から坂路コースと周回コースを併用して調教を進めています。少しずつではありますが馬体が大きくなり成長が感じられます。坂路入り当初よりも落ち着きが出て、精神面の成長も感じますね。坂路での動きは初めてにしては上手く体全体を使いこなせていますし、鞍上の指示にも従順に反応してくれていますよ。相変わらず前進気勢があり意欲的に調教を進めていける点は非常に良い傾向ですね。馬体の成長を促すためにも時計を詰めすぎずに調整を進めていこうと思います。」とコメントされています。馬体重が407kgと牡馬ながらまだまだ体が小さいのが気になります。調整は順調そうなので、馬体の成長が伴ってきてほしいと願うばかりです。

 

レイズアンドコールの17は週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、週1回トレッドミル、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「その後も順調に調教が進められていたことから、この中間から坂路でハロン16秒までペースを上げています。最近の調教では以前にも増して前向きな姿勢が見られるようになり、この馬なりにしっかり登坂してくれるようになりました。馬体はあまり変化がないものの、調教を強めても先月より馬体重が10kg以上増えているように、飼い葉食いが悪くならないところがこの馬のストロングポイントですね。これから更にペースを上げて負荷を掛けていくことになりますが、今の感じなら順調に調教を消化できると思うので、馬体の筋肉量をより増やす為に、乗り込みながら鍛えていきたいと思います。」とコメントされています。こちらは馬体重が431kgと小柄ながらも、これから成長していくことを鑑みれば、そう心配することもないかなと思っています。鍛えられながらの成長を期待しています。

 

 

ブラストワンピース JRA賞『最優秀3歳牡馬』に選出!

  • 2019.01.09 Wednesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

ブラストワンピース2018年度JRA賞『最優秀3歳牡馬』に選ばれました!

 

各馬の得票数は…

ブラストワンピース:114票

ワグネリアン:88票

ルヴァンスレーヴ:69票

エポカドーロ:3票

ステルヴィオ:1票

該当馬なし:1票

 

全276票中114票と過半数未満での選出なので、非常に混戦模様だったわけですが、ワグネリアン(88票)、ルヴァンスレーヴ(69票)を抑えての堂々の選出ですから胸を張って良いと思います。個人的にはダービー+神戸新聞杯と3歳重賞のみのワグネリアンよりは、ダート戦とはいえ古馬混合G×2+JDDのG3勝のルヴァンスレーヴの方が票が集まるかなと思っていました。やはりダービーというレースがどれだけ特別なのかということを改めて強く感じました。

 

また、生産者のノーザンファームは凄いですね。年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬・最優秀4歳以上牝馬・最優秀3歳牡馬・最優秀3歳牝馬・最優秀2歳牡馬・最優秀2歳牝馬と7つの部門で生産者に名前を連ねるのですから… もっとも、生産だけではなくて育成も素晴らしいからこその大活躍だと思います。

 

それにしてもG汽譟璽垢世韻任覆、このような栄誉まで獲得してくるとは… ブラストワンピースには本当にありがとうです。今年は今のところは国内のレースを使っていく方向のようですので、狙ったG汽譟璽垢漏亮造望〕して、2019年は年度代表馬に選出される位の活躍を期待しています!

 

そして大竹先生、池添騎手、全ての関係者の皆さまにもありがとうございますとお礼を申し上げます!

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM